【速報】世界ジュニア選手権2017女子結果とプロトコル

現在台湾で開催中のフィギュアスケート世界ジュニア選手権2017。今回の記事では、その世界ジュニアの女子の結果速報をお届けしようと思う。

日本女子出場選手は、坂本花織、白岩優奈、本田真凜の3人。
C7FmoaGXwAUw8Gs

日本女子SP

坂本花織

ジャンプ構成は、3Lo、後半3F+3T、2Aで、ノーミス。ジャンプの高さと大きさが相変わらず素晴らしい!本人も大喜びの出来だった。ショートの得点は67.78点 (TES38.59・PCS29.19)で3位につけた。

白岩優奈

ジャンプ構成は、3Lz+3T、後半3Lo、2Aで、ノーミス。笑顔が可愛い!腰を怪我しているそうだが、いい動きをしていて一安心。ショートの得点は62.96点(TES 35.93・PCS 27.03)で5位。

本田真凜

ジャンプ構成は、3F3T、後半3Lo、2Aでノーミスの演技を見せた。ショートの得点は、68.35点(TES 38.62・PCS 29.73)で2位につけた。曲名通り、スマイルたっぷりで軽やかな演技で調子も良さそうだった。フリーで逆転優勝なるか?

SP結果

1位 アリーナ・ザギトワ70.58
2位 本田真凜68.35
3位 坂本花織67.78

ロシアのザギトワが一人70点越えでトップにつけた。そして、2位3位は日本女子、強い!優勝候補のポリーナ・ツルスカヤは転倒ミスが響き、まさかの11位と出遅れたが、フリーでどうなるか?

ショートのプロトコルはこちらで見ることができる。

女子最終結果

ショートとフリーを合わせた最終結果は以下のようになった。
1位 アリーナ・ザギトワ 208.60
2位 本田真凜 201.61
3位 坂本花織 195.54

フリーは、本田真凜も坂本花織もノーミスで、素晴らしい演技だったが、ロシアのザギトワがすご過ぎた。ジャンプすべて後半、しかも加点の付く出来。

白岩優奈は3ルッツの転倒のほかいくつか回転不足判定もあり、5位という結果となったが、腰にテーピングをしつつよく頑張ったと思う。

女子フリーのプロトコルはこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加