チャレンジカップフィギュア2020のライスト・結果・出場選手 

オランダのハーグで開催され、紀平梨花などがエントリーしているフィギュアスケートのチャレンジカップ2020。シニア・ジュニア・ノービスのカテゴリーからなる国際大会です。

今回の記事では、チャレンジカップ2020の日程・ライスト動画リンク・結果・出場選手・滑走順・チケット情報をご紹介したいと思います。随時更新中です。




開催情報


2020年度のチャレンジカップは2月20日から23日にかけて開催されます。開催会場は、オランダ・ハーグのDe Uithofです。

公式サイトによると、今年度もチャレンジカップはフィギュアスケートのオランダ選手権を兼ねていて、今大会のオランダ人トップ選手が国内チャンピョンということになるそうです。また、世界選手権2020のオランダ代表選考会も兼ねているとのこと。

フィギュアスケート人口が少ないので、こういう形を取っているのでしょうね。スピードスケートは金メダリストの小平奈緒が留学したくらい強いオランダなのに、不思議です。

過去には、紀平梨花や村上佳菜子・無良崇人などが出場し優勝しています。

チケット情報

チケットの値段は、単日券が5ユーロ(20日)および6.5ユーロ(21~23日)、全日券が15ユーロです。チケットはこちらのサイトで発売されています。

昨年観戦した際には、会場の受付での当日券販売もありましたが、念のため事前に購入しておくことをおすすめします。また、席は自由席で、狭い会場なので選手たちをかなり近くで見ることができました。

チャレンジカップ2020出場選手

以下、日本からの出場選手をカテゴリー別にまとめました。

シニア女子 紀平梨花

横井ゆは菜

シニア男子 宇野昌磨

田中刑事

ジュニア女子 吉岡希
ジュニア男子 吉岡詩果

千葉百音

ノービスA女子 畑崎李果

全体のエントリーリストはこちら(PDF)です。

チャレンジカップ2020日程

男子・女子シングルの競技日程は以下の通りです。現地オランダとの時差は8時間です。詳しい競技スケジュールが発表され次第日本時間に修正して載せます。

2月20日(木) ノービスA男子SP
ノービスA女子SP
ジュニア男子SP
2月21日(金) ノービスA女子FS
ノービスA男子FS
ジュニア男子FS
ジュニア女子SP
シニア男子SP
2月22日(土) ジュニア女子FS
シニア女子SP
シニア男子FS
2月23日(日) シニア女子FS
表彰式

チャレンジカップ2020ライスト動画

例年、公式のライスト動画のリンクがYouTube上で公開されているので、今年も無料の公式ライストが用意されるのではないかと思います。詳しく分かり次第追記します。



昨年度の結果

昨年度の女子シングル・男子シングルのシニア・ジュニア・ノービスAに出場した日本人選手たちの結果(順位や得点)は以下の通りでした。皆大健闘でした!

男子結果

男子シングルのショート、フリー後の結果です。

ノービスA男子
垂水爽空:SP後 3位(36.92点)、最終順位 3位(105.70点/FS 68.78 点)

ジュニア男子
佐藤駿:SP後 1位(71.17点)、最終順位 1位(199.84点/FS 128.67点)

シニア男子
山本草太:SP後 1位(82.24点)、最終順位 1位(253.87点/FS 171.63点)
鍵山優真:SP後 2位(78.97点)、最終順位 2位(218.02点/FS 139.05点)

女子結果

女子シングルのショート、フリー後の結果です。

ノービスA女子

本田紗来:SP後 1位(44.85点)、最終順位 1位(124.07点/FS 79.22点)

ジュニア女子
横井ゆは菜:SP後 1位(53.63点)、最終順位 1位(179.90点/FS 126.27点)

シニア女子

紀平梨花:SP後 2位(66.44点)、最終順位 1位(208.34点/FS 141.9点)
樋口新葉:SP後 4位(62.70点)、最終順位 3位(186.24点/FS 123.54点)

SP1位は、アメリカのアンバー・グレン(70.25点)でした。

滑走順

女子シングル・男子シングルの滑走順を載せます。表はショートとフリーで入れ替わります。フリーの滑走順には、ショートの得点と順位も載せます。

結果速報

チャレンジカップ2020の結果を載せます。

フォローする