グランプリファイナル2018の出場選手・ライスト・日程など

2018年12月6日から9日にかけてカナダで開催されるフィギュアスケートグランプリファイナル2018(シニアとジュニア)のの日程・ライスト動画・テレビ放送予定・出場選手・滑走順・結果速報(リザルトとプロトコル)をお届けします。

グランプリファイナルは、グランプリシリーズにエントリーしている選手のうち、合計獲得ポイントの高い順に6選手(組)のみが出場できるトップレベルの大会です。シニアと同時期・同会場でジュニアのファイナルも開催されます。

随時更新しています。




グランプリファイナル2018

日程と会場

グランプリファイナル2018の大会スケジュールは以下の通りです。

時間は日本時間に修正済みです。日本と現地カナダの時差は17時間です。

日程表

12/6(木)公式練習
滑走順抽選
12/7(金)7:05 JrアイスダンスRD
8:20 Jr男子SP
9:25 JrペアSP
10:40 Jr女子SP
12:00 開会式
12:45 男子SP
14:00 女子SP
12/8(土)8:45 JrアイスダンスFD
10:05 Jr男子FS
12:05 アイスダンスRD
13:20 ペアSP
14:35 男子FS
12/9(日)6:55 女子FS
8:15 Jr女子FS
9:30 JrペアFS
12:00 アイスダンスFD
13:20 ペアFS
12/10(月)7:00 エキシビション

会場

開催地はカナダのバンクーバーで、会場はダグ・ミッチェル・サンダーバード・スポーツ・センターです。下は会場の地図です。

ライストとテレビ放送予定

テレビ放送

グランプリファイナルは例年、テレビ朝日とBS朝日にて放送されています。

放送予定が分かり次第追記します。

ライスト

ジュニア

ジュニアは全種目こちらのYoutubeチャンネルで放送される予定です。

シニア

有料ライスト

NBCスポーツで放送予定で、59.99ドルの年間パスが必要になります。

無料ライスト
ISU公式チャンネルにて全ての種目をライブ放送予定ですが、地域制限(ジオブロック)の可能性があります。

確定ではありませんが、中国ライストロシアライストが全種目を中継してくれる可能性が高いです。予備

他に見つかり次第追記します。

昨年度の結果

2017年度のグランプリファイナルの男子・女子シングルの結果は以下の通りでした。

ジュニア男子

順位/名前と得点
1位 クラスノジョン(米国)236.35点
SP1位 81.33点
FS1位 155.02点
2位 プルキネン(米国)217.10点
SP5位 70.90点
FS2位 146.20点
3位 須本光希(日本)214.45点
SP3位 77.10点
3A,3Lz,3F3Tノーミス
FS3位 137.35点
3A(転倒),3F2T,3Lo,3Lz3T,2A1Lo3S,3F,2A,3Lz
4位 イグナトフ(ロシア)211.99点
SP4位 75.78点
FS4位 136.21点
5位 エロホフ(ロシア)207.04点
SP2位 78.39点
FS5位 128.65点
6位 トルガシェフ(米国)160.49点
SP6位 64.73点
FS6位 95.76点
プロトコル:ショート/フリー

ジュニア女子

順位/名前と得点
1位 トゥルソワ(ロシア)205.61点
SP1位 73.25点
FS2位 132.36点
4Sに挑んだが転倒
2位 コストルナヤ(ロシア)204.58点
SP2位 71.65点
FS1位 132.93点
3位 タラカノワ(ロシア)199.64点
SP3位 67.90点
FS3位 131.74点
4位 紀平梨花(日本)192.45点
SP4位 66.82点
2A,3F3T,3Lzノーミス
FS4位 125.63点
3A3T(成功!),1A,3F,3Lz2T,3Lo,3Lz2T2Lo,3S
5位 パネンコワ(ロシア)191.16点
SP5位 65.65点
FS5位 125.51点
6位 サモドゥロワ(ロシア)187.74点
SP6位 65.01点
FS6位 122.73点
プロトコル:ショート/フリー

シニア男子

順位/名前と得点
1位 チェン(米国)286.51点
SP1位 103.32点
FS2位 183.19点
2位 宇野昌磨(日本)286.01点
SP2位 101.51点
4F,4T3T,3A(転倒)
FS1位 184.50点
4Lo(転倒),4S,3A,4F,4T,4T,3A1Lo3F,3S
3位 コリャダ(ロシア)282.00点
SP3位 99.22点
FS3位 182.78点
4位 ボロノフ(ロシア)266.59点
SP5位 87.77点
FS4位 178.82点
5位 リッポン(米国)254.33点
SP6位 86.19点
FS5位 168.14点
6位 ブラウン(米国)253.81点
SP4位 89.02点
FS6位 164.79点
プロトコル:ショート/フリー

シニア女子

順位/名前と得点
1位 ザギトワ(ロシア)223.30点
SP2位 76.27点
FS1位 147.03点
2位 ソツコワ(ロシア)216.28点
SP4位 74.00点
FS2位 142.28点
3位 オズモンド(カナダ)215.16点
SP1位 77.04点
FS5位 138.12点
4位 コストナー(イタリア)214.65点
SP6位 72.82点
FS3位 141.83点
5位 宮原知子(日本)213.49点
SP3位 74.61点
3Lz3T,3Lo,2A ノーミス
FS4位 138.88点
3Lo,3Lz3T,3F,3Lz2T2Lo,2A3T,3S,2A ほぼノーミス
6位 樋口新葉(日本)202.11点
SP5位 73.26点
2A,3Lz3T,3Fノーミス
FS6位 128.85点
2A,3Lz3T,2S,2Lz,3Lo,2A3T,3F,2T2Lo
プロトコル:ショート/フリー

出場選手

グランプリファイナルへの進出が確定したジュニア・シニア選手(男子・女子シングル)を載せていきます。また、各選手のグランプリシリーズの成績もまとめています。
ポイント表はこちらです。

ジュニア女子

トゥルソワ(ロシア) 1位(第3戦)+1位(第7戦)=30pt
コストルナヤ(ロシア) 1位(第2戦)+1位(第5戦)=30pt
シェルバコワ(ロシア) 1位(第1戦)+1位(第4戦)=30pt
タラカノワ(ロシア) 2位(第4戦)+1位(第6戦)=28pt
キム・イェリム(韓国) 2位(第3戦)+2位(第5戦)=26pt
カニシェワ(ロシア) 2位(第2戦)+2位(第7戦)=26pt

ジュニア男子

グメニク(ロシア) 1位(第4戦)+1位(第6戦)=30pt
プルキネン(米国) 1位(第2戦)+2位(第5戦)=28pt
シャオ・ヒム・ファ(フランス) 3位(第4戦)+1位(第7戦)=26pt
樋渡(米国) 2位(第4戦)+2位(第6戦)=26pt
トルガシェフ(米国) 4位(第1戦)+1位(第3戦)=24pt
島田高志郎(日本) 2位(第2戦)+3位(第6戦)=24pt
ゴゴレフ(カナダ) 1位(第1戦)+5位(第4戦)=22pt




シニア男子

グランプリシリーズ中に確定次第、追記します。

羽生結弦(日本) 1位(第3戦)+1位(第5戦)=30pt
宇野昌磨(日本) 1位(第2戦)+1位(第4戦)=30pt
ミハル・ブレジナ(チェコ) 2位(第1戦)+2位(第4戦)=26pt
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア) 3位(第1戦)+2位(第4戦)=24pt

シニア女子

グランプリシリーズ中に確定次第、追記します。

アリーナ・ザギトワ(ロシア) 1位(第3戦)+1位(第5戦)=30pt
宮原知子(日本) 1位(第1戦)+2位(第4戦)=28pt
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 1位(第2戦)+3位(第4戦)=26pt

滑走順と滑走時間

ジュニアとシニア(男子・女子シングル)の滑走順と滑走時間をまとめます。滑走時間は、日本時間で記載します。

表は、大会期間中にショート・フリーの滑走順に並び替えます。フリーの表には、ショートの順位と得点も載せます。

ジュニア女子

SPは12/7(金)、FSは12/9(日)に行われます。

ジュニア男子

SPは12/7(金)、FSは12/8(土)に行われます。

シニア女子

SPは12/7(金)、FSは12/9(日)に行われます。

シニア男子

SPは12/7(金)、FSは12/8(土)に行われます。

優勝予想投票

全ての出場者が決定後、例年通りグランプリファイナル優勝予想投票を行いたいと思っています。

結果速報

公式リザルトリンク(男子・女子など全種目のショート・フリーの結果速報とプロトコル)を載せます。

フォローする