ロンバルディア杯2017の出場選手・ライスト日程・結果など

イタリアのベルガモで9月に開催されるロンバルディア杯2017のエントリー一覧が発表されたので、日程・ライスト情報・出場選手・滑走順・結果をまとめてみようと思います。随時更新予定。

出場選手

ロンバルディア杯(ロンバルディアトロフィー)はISUの国際大会で、チャレンジャーシリーズの一つ。

ロンバルディア杯2017に出場する日本人選手は、男子シングルが宇野昌磨と佐藤洸彬、女子シングルが樋口新葉と松田悠良、アイスダンスが深瀬/立野組、小松原/コレト組となっています。

男女シングルの海外の注目選手は、男子がデニス・テン(カザフスタン変更:出場せず)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、女子がカロリーナ・コストナー(イタリア)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)、アンバー・グレン(アメリカ)など。

ペアやアイスダンスを含む全体のエントリー一覧はこちらをどうぞ。

ライスト情報

2017年度も無料ライブ放送あり。こちらのYouTubeページから視聴できます。

日程

ロンバルディア杯2017の大会スケジュールは以下の通りとなっています。時間は日本時間に修正済みです。

9月14日(木)17:40女子SP
23:05ペアSP
9月15日(金)0:55男子SP
17:30アイスダンスSD
19:40ペアFS
22:00女子FS
9月16日(土)18:30男子FS
23:00アイスダンスFD

滑走順

男子SP

12番 佐藤洸彬
14番 宇野昌磨
18番 ブラウン(アメリカ)

女子SP

9番 松田悠良
15番 コストナー(イタリア)
21番 トゥクタミシェワ(ロシア)
26番 樋口新葉
35番 ザギトワ(ロシア)

女子FS
30番 樋口新葉
31番 ザギトワ(ロシア)
32番 トゥクタミシェワ(ロシア)
33番 コストナー(イタリア)
34番 松田悠良

男子FS
※時間は若干ズレる可能性あり。

6番 佐藤洸彬 19:25~
20番 宇野昌磨 21:47~
21番 ブラウン(アメリカ)21:56~

結果

ショート・フリーおよび総合結果をまとめます。

女子
フリー後の最終結果です。
1位 ザギトワ 218.46(SP3位・FS1位)
2位 樋口新葉 217.63(SP1位・FS2位)
3位 コストナー 198.36(SP2位・FS5位)
4位 テネル 196.70
5位 松田悠良 195.56 

SP:樋口も松田もノーミス。ザギトワは難しい入りからの2Aでミスがあった。

FS:ザギトワが後半に集めた全てのジャンプを決めてノーミスの演技で逆転優勝。樋口はフリーもノーミスで素晴らしかった。

男子
SP・FS終了後の総合結果です。

1位 宇野昌磨 319.84(SP1位・FS1位)
2位 ブラウン 259.88(SP2位・FS2位)
3位 ケリー 233.05(SP3位・FS5位)
4位 ヴァシリエフス (SP5位・FS4位)
5位 リッゾ(SP6位・FS3位)
佐藤洸彬は184.78点で12位です。

SP:宇野昌磨が演技構成4F FCSp StSq/4T3T 3A CSSp CCoSpをノーミスで滑り、104.87点でトップに立ちました。佐藤洸彬は57.94点で17位。

FS:宇野昌磨は4Lo 4S 3A3T FCSp FCCoSp StSq/4F 4T2T 4T 3A1Lo3F 3S ChSq CCoSpという難易度の高い演技構成に挑み、若干の着氷の乱れはあったものの大きなミスなく滑り切って214.97点。総合得点は319.84点で300点超え、歴代世界最高得点ランキングに入る得点を叩き出しました。