ザギトワよりも坂本花織が良かったという海外の反応も

たった今、フィギュアスケートJGPフランス大会2016の女子フリースケーティングが終了しました。

フリーでも、ライストでライブコメント欄を横目で見つつ演技も見るというなかなか忙しい観戦でしたが、結果速報と感想、海外の反応も合わせてまとめてみようと思います。

女子フリー

ジュニアグランプリフランス大会女子ショートの結果は、ロシアのザギトワがトップ、坂本花織が2位、新田谷凜が3位という順につけていました。

坂本花織

ジャンプ構成は、前半に3F、3Lz、3S、2A-3T、3F-2T-2T、後半に3Lo、2A-3T。スケーティングが滑らかでよかったです。
後半の着氷は乱れてしまいましたが、意地でも転ばないという気持ちの強さが感じられました。前半のダブルアクセルからのトリプルトゥループは、とても素晴らしかったです!

得点は、114.74点。

新田谷凛

海外からのコメントでは、19歳でジュニアにいることを不思議がる声も挙がっていました。
鈴木明子振付の曲で、ジャンプ構成は、前半に3Lz-2T、3F、3Lo、後半に3Lz、1A、2A-3T-2T、2A-3T。最後のジャンプでコンビネーションジャンプを持ってきたリカバリーに、「頭のいい選手だ」と称賛の声もありました。

得点は、114.07

アレーナ・ザギトワ

世界女王エフゲニア・メドベージェワのお下がりのバレエチュチュ風衣装で登場したザギトワ。脚長ですごいスタイルです!

ジャンプは全て後半で、3Lz-3Lo、2A-3T、3F-2T-2Lo、3Lz、3S、3F、2A。タケノコジャンプ(両手を上げるジャンプ)多めでした。
プロトコルで確認したところ、高難度の3Lz-3Loは見事認定されていましたが、今回は全体的にジャンプの質はイマイチだったかなと思います。流れ的にも、ドン・キホーテを使ったプログラムにありがちなバタバタしている感じを受けました。

しかし、ジャンプも表現力もポテンシャルが高く、まだジュニアなので、これからどんどん伸びていくと思います。最初のスピンは素晴らしかったです。

126.30点という高得点をマークし、昨シーズンから急成長中なので要注目の選手ですね。

総合結果

フリーを終えた最終結果は、ザキトワが優勝、2位坂本花織、3位新田谷凛となりました。ザギトワのフリーでの得点に対して、ライストコメント欄では「坂本のジャンプの方が好きだ」「坂本の方がいい演技だった」という海外からの反応も見られました。

ザキトワは、タケノコジャンプをもう少し減らした方がいいと思ったのと、フリーのジャンプが全部後半なのはちょっとやり過ぎかなぁという印象を受けました。

フォローする