ジェイソン・ブラウンも羽生結弦と同じコーチに移籍「次のステップへ」

先日、羽生結弦ら多数有名選手が師事しているカナダのブライアン・オーサーコーチ(クリケットクラブ)の元に、ロシアのエフゲニア・メドベージェワや中国のボーヤン・ジンが新たなチームメートとして加わったことが明らかになりましたが、さらにアメリカのジェイソン・ブラウンもオーサーコーチに師事することを発表しました。

ブラウンといえば、素晴らしいスケーティングや表現力、どんどん上達している日本語力に加え、キスクラでのコーチとの仲の良い様子でもお馴染みの選手です。前コーチであるコーリ・エイド氏には、5歳から指導を受けていてとても長い付き合いです(ブラウンは現在23歳)。以下、アメリカのスケート連盟が発表した、コーチ変更についてのブラウン本人のコメントを翻訳しました。

“Words can’t ever fully capture the love and appreciation that I feel towards Kori [Ade] and her team and all that we accomplished together,” Brown said. “Kori has and will continue to be a major influence on me as a skater and a person. When I left Chicago in 2013, I took a major step toward independence, but now it’s time for me to take the next step.

コーリや彼女のチーム、そして一緒に成し遂げてきたこと全てへの愛と感謝は言葉では表現できません。コーリは、僕にスケーターとしても一人の人間としても大きな影響を与え続けてきましたし、これからもそうでしょう。

僕が2013年にシカゴを去ったとき、僕は自立への大きな一歩を踏み出しましたが、今は次のステップへと進むときなのです。

“I’m excited about my future with Brian, Tracy and their incredible team of coaches. I’m eager to continue growing in the sport that I love.”

出典:http://www.usfigureskating.org/story?id=91523&type=media

僕はブライアン、トレイシーや彼らの素晴らしいチームとの未来にとても興奮しています。僕の愛するスポーツにおいて成長し続けることを切望しています。

以上が日本語訳です。ブラウンのコメントを見る限り、コーリ氏とは良い関係を維持したままの移籍のようですね。あの仲良しキスクラが見られなくなるのは少し残念ですが、新しい環境でブラウンのスケートがどう変わっていくのか楽しみです。そして、日本語が話せて羽生結弦を尊敬しているブラウンがチームメイトに加わることで、羽生にとってもこの移籍は好影響を及ぼしてくれるのではないかと思います。