本田真凜のアルトゥニアンコーチ「アメリカでの練習は最低2年必要」

現在、本田真凜が練習拠点を移したアメリカで師事している新コーチ、ラファエル・アルトゥニアンのインタビューがJapan Timesにて掲載されました。ラファエルコーチは、浅田真央の元コーチであり、現在はネイサン・チェンなどを教えています。

そのインタビューでは、本田の印象や、生徒として受け入れた理由、メンタル面などについて語られています。本田には海外コーチの方が合いそうだけれど、妹達のこともあるので濱田美栄コーチの元を離れるのは難しいのかなと思っていたので、今回のコーチ変更のニュースは驚きつつも嬉しかったです。

以下、インタビューの内容を翻訳してまとめてみました。




ラファエルコーチのインタビュー

翻訳元:https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/05/08/figure-skating/rafael-arutunian-looking-forward-coaching-teen-star-marin-honda/#.WvggwGiFPcs

本田真凜の印象

I knew her (Marin) from before and saw her at several competitions

It seems like she is a smart, beautiful girl. She always tries well.

「私は真凜を以前から知っていて、いくつかの大会で彼女を見ました。彼女は賢くて美しい女の子です。いつも良くやっています。」

She is very nice and has good skating skills, good flow. And she jumps well

「真凜はとても素敵で、良いスケーティング技術を持っています。流れもジャンプも良いです。」

ラファエルコーチは本田の才能を認めているようです。

本田真凜のコーチになった理由

It was in Osaka (at the NHK Trophy in November),Arutunian stated. It was a small conversation with Marin’s father. He approached me. I had never met him before.

「11月の大阪でのNHK杯で、真凜のお父さんからアプローチがあって、少し話をしました。それまでお父さんには会ったことがありませんでした。」

They approached me and said they wanted to try out. I said, ‘That’s a good idea. I don’t want to take on anybody before I know them. I never look around. I’m so busy with my own kids.

「そして、彼らがトライアウトをしたいと言ったので、私はそれはいいアイディアだねと言いました。私はよく知る前に生徒を取りたくはないのです。私はいつも教え子たちで忙しくて、周りを見ていないので。」

What happened is, she came here the first time and I told them, ‘Don’t even think about to come right away. You can do a tryout if you like or not. I will see the way you guys work.’ They liked it and I really like her a lot.

「真凜が初めてここに来たとき、私は彼ら(真凜と兄の太一?)に、「すぐにここに来ることを考えなくていいよ。気に入るかどうかトライアウトをしよう。どう動くか見てみるよ」と言いました。(その結果)彼らはここを気に入って、私は真凜のことがとても好きになりました。」

お父さんからのアプローチがきっかけだったそうです。トライアウトで気に入ってもらえて良かったですね!いいスタートが切れそうで楽しみです。

今後の目標と新プログラム

Lori Nichol did her free program already. It’s so beautiful,Arutunian commented. It’s something unique. Very unique.

「ローリー・ニコルが真凜のフリーを既に振付けました。とても美しく、とてもユニークなプログラムです。」

The goals are very simple. She needs to try to make it to the Grand Prix Final, Arutunian stated.
She needs to try to make the Japanese team for worlds. It’s pretty simple. I would say that is the highest goal, Arutunian added. I would not say she should try to be the national champion. It would be perfect if she can get to the Grand Prix Final.

「目標はとてもシンプルです。真凜はグランプリファイナル出場へ挑戦する、そして世界選手権の日本代表に入る必要があります。とてもシンプルであり、最大の目標です。全日本選手権のチャンピョンになれとは言いません。ファイナルに行ければパーフェクトです。」

なかなか上手くいかなかった昨シーズンを考えると、確かに今年ファイナルに進出できれば大きな前進と言えますね。

本田真凜のメンタル面

I focus on technical and physical, and when they come together, the mental strength shows up

「私は技術面と体力面に焦点を当てています。そして、それらが共についてくれば、メンタル面の強さも出てくるものです。」

技術が付けば自信がつくから大丈夫だという考え方のようです。ラファエルコーチは指導が厳しいことで知られていますし、スパルタ方針で鍛えていくことになりそうですね。

アメリカ拠点の期間

I suggested to them that they give me time, Arutunian said. I know that it takes not less than two years to understand my approach. So they promised to give me two years. I’m hoping they will.

「私に彼らに時間をくれるように言いました。2年未満では、私のやり方を理解してもらえないことを知っているからです。そして、彼らは2年ここで練習することを約束しました。そうなることを望んでいます。」

本田がアメリカを練習拠点にするのは、最低2年ということのようですね。上手く行けばずっとラファエルコーチに師事する予定なのか、いずれは濱田コーチの元に戻るつもりなのかは分かりませんが、今回の選択がいい方向に進んでくれるといいなと思います。