宮原知子、歯の矯正が終了か?現在の怪我が心配

フィギュアスケート界のエース、宮原知子の現在についてのニュースをまとめてみうと思う。

再び怪我

昨シーズン、全日本フィギュアで3連覇を果たした宮原知子。しかし、シーズンの後半は、股関節の疲労骨折により、四大陸選手権と世界選手権を棄権するという苦渋の選択をした。

練習を再開した後、7月末に始まったザアイス2017では新プログラム「SAYURI」を披露した。丁寧で繊細な表現力を生かした、宮原知子らしい素敵プロだ。

まだジャンプの質は以前と比べて完全復調とは言えない出来だったが、順調に復帰してくれて良かったと一安心していた。

しかし、今日(8月2日)に心配なニュースが入ってきた。左足の捻挫により、ザアイスの名古屋公演を休演するという。軽傷ということだが、昨シーズン負傷した股関節と同じ左側ということで、怪我の状態が心配だ。

歯の矯正が終了?

宮原は、長い期間に渡って歯の矯正をしているが、最近の宮原知子の映像や画像を見ていると、口元がきれいになって変化が感じられるし、もう前歯の矯正器具もしていないように見える。

はっきり分かる画像ではないのだが、最近の宮原知子。カナダでのコストナーとの2ショット。英語で会話が弾んだかな?(※関連記事:宮原知子の英語力と医者になる夢


出典:Richmond Training Centre instagram

もし歯の矯正が終わったのなら、以前よりも笑顔や表情に自信がつくと思うし、勝負の五輪シーズンに間に合ってよかったなと思う。

また、今年は関西大学を休学して平昌五輪に備えることも先日明らかになっていて、今シーズンへの本気度が伝わってくる。怪我が早く良くなって、努力が報われて欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする