羽生結弦とデニス・テンの妨害疑惑騒動にキャロルコーチが反論

公式練習中に羽生結弦がデニス・テンに怒りを示したという件。私としては、デニス・テンが故意にやったとは思えない、でも羽生は曲かけ練習中だったしピリピリしてた中怒った気持ちも理解できる、こういうこともあるよね、くらいに思ってこのブログでもスルーしていたのだが、テレビのニュースでもテンに悪意があって妨害したと決めつけて報道されていたり、思ったより大きな騒動になっている。

インタビュー翻訳

その妨害かと言われている世界フィギュアでの騒動について、デニス・テンのフランク・キャロルコーチがカザフスタンメディアでのインタビューで話しているのだが、これが挑発的にも取れる発言になっている。

「誰も悪くない。デニスも羽生も。こういうことはとてもよく起こる。まず、デニスはスピンをしていて羽生が曲かけでどう動いているのか分かっていなかった。そして、羽生は経験のあるアスリートで、オリンピックチャンピョンだ。デニスを避けれたはず。そのとき他に誰もいなくて十分にスペースはあったし、アクセルをする前にちょっと方向を変えることも可能だった。避けるのに技術は必要ないが、羽生はそれをしなかった。

羽生はハンヤンと中国で衝突し、どちらも酷くケガをした。全日本で村上大介ともぶつかり、どちらもケガはなかった。そしてここで、デニスとのこの事件だ。私には、衝突がパターン化しているように思えるし、3度も起きるというのは奇妙だ。」(出典:http://vesti.kz/)

誰も悪くないと冒頭に言っているが、やはり教え子を庇いたいという気持ちが強く感じられる。
羽生とテンは、バンケットでの仲良しショットも見たことがあるし、今回のことは穏やかに和解できるといいなと思うのだが、まだ波紋は収まらなさそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする