リプニツカヤがコーチ変更、アレクセイ・ウルマノフとは&移籍理由推測

ユリア・リプニツカヤがコーチを変更したとロシアで報道された。

新コーチは、アレクセイ・ウルマノフ。年齢は42歳。

1994年リレハンメルオリンピックの金メダリストで、1998-1999年シーズン後に引退。アレクセイ・ミーシンの門下生だった。

現在はコーチであり、国際スケート連盟の公式技術審判員でもある。今までコーチした教え子は、セルゲイ・ボロノフ、ジャン・ブッシュなど。

エテリ・トゥトベリーゼとのキスクラはもう見られないのかと思うと、寂しい気もする。
CUGx6iWUkAAqlbv
出典:FigureSkatingRu twitter

シーズン中のコーチ変更・移籍ということで、2人の間に何かあったのか?と勘ぐってしまうが、以前から変更の噂はあったし、やっと決断がついたということなのかもしれない。

エテリコーチのもとには、成長株のエフゲニア・メドベデワもアディアン・ピトキーエフもポリーナ・ツルスカヤもいるし、リプニツカヤは以前ほど密な指導を受けられなくなったのが原因なのかな、と私は勝手に推測している。

リプニツカヤとメドベデワの不仲説も出たことがあるし、それも事実だとしたら関係あるのかもしれない。

何にせよ、エテリコーチとリプニツカヤが良い別れ方をしたと願いたいし、新コーチといい関係が築けるといいなと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする