アダム・リッポンのゲイ告白翻訳、彼女と噂されたアシュリー・ワグナーのコメント

今回は、先日ゲイであることをカミングアウトしたアダム・リッポンのインタビューを翻訳してみようと思う。

Rippon_FS_y7pw7p94_lil9l5oc_kldayl4j
出典:icenetwork twitter

「ゲイであることは、自分を定義つけることではない。自分を定義するのは、母が教えてくれたように皆に敬意を持つことや、常に働き者で親切でいることだ。」

「ソチの前にもカミングアウトすることを考えた。」

「2015年になって、より多くのアスリートがオープンになってきて、自分自身によりオープンであることが文化の一部になった。」

「アスリートがゲイをカミングアウトすることは、より普通のことになったし、大きな問題ではなくなった。特にアスリートのコミュニティでは。仲間が同じ目標に向かって頑張っていることに大きな敬意を持っていて、性に関することはその背景にしか過ぎない。」

「僕は良いロールモデルでありたいと思う。常に自分に素直に、頑張ってきたことを愛している。」

 原文:icenetwork ※一部省略、意訳あり

以前からリッポンと仲が良く、「彼女じゃないか?」と熱愛の噂もあったアシュリー・ワグナーはツイッターで以下のようにコメントしている。

「あなたを誇りに思う。私が知ってる中で、あなたは最も親切で、本物の人の一人。これで十分でしょ。」と。

男性スケーターは、ジェイソン・ブラウンや高橋大輔、羽生結弦もゲイの噂が立ったことがあるなど、そういう噂が珍しくない世界。
私自身も含め、多くのスケオタはその人のスケートに何よりも魅力を感じていて、今回の告白も尊重したいという意見が多いと感じる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加