本田紗来がまた優勝!スケートの才能が凄すぎる件

西日本中小学生フィギュアスケート選手権2017が行われ、本田兄妹の末っ子である本田紗来が観客の度肝を抜く演技を見せてノービスBで優勝を果たした。今回の記事では、そんな本田紗来のプロフィールやスケートの成績について紹介したいと思う。

本田紗来(さら)のプロフィール

2007年4月4日生まれ、小学校4年生。フィギュアでの年齢別カテゴリーでは、現在ノービスBにあたる。

本田兄妹(長女・真帆、長男・太一、次女・真凜、三女・望結)の末っ子である。
姉・本田望結と一緒にエディオンのCMに出演するなど、子役として芸能活動もしており、所属している芸能事務所は大手のオスカープロモーション。フィギュアスケートの所属は、濱田美栄・田村岳斗がコーチを務める京都醍醐FSC。

アイスショーでの羽生結弦との写真。嬉しそうでかわいい!


出典:Marin Honda instagram

色白で髪の毛も茶色っぽいことから、ハーフみたいだとか、トリンドル玲奈に似てるなどの声もあるが、本田兄妹の末っ子なので、もちろん母親も父親も日本人だ。

フィギュアの才能

本田紗来の過去から現在までのフィギュアスケートでの成績は、以下の通り。

2016年度
3月 京都市民総合体育大会スケート競技会・京都府スケート選手権大会B級幼年女子優勝
10月 近畿フィギュアスケート選手権大会2016 ノービスB優勝
全日本ノービス選手権2016 ノービスB女子 4位
12月 京都府民総合体育大会スケート競技会 B級幼年女子 3級優勝

2017年度
3月 京都市民総合体育大会スケート競技会・京都府スケート選手権大会B級幼年女子優勝
8月 西日本中小学生フィギュアスケート選手権2017 ノービスB優勝

今回の大会では、小学校4年生にもかかわらず、3回転ジャンプの中でアクセルの次に難易度の高い3ルッツを見事成功させるなど、ハイレベルな演技で2位に20点以上の大差をつけての優勝だった。
インタビューでは、全日本ノービス選手権2017について聞かれ、姉・真凜が持つノービスB歴代最高得点を超えて優勝したいという野望ものぞかせた。

今年シニアデビューする本田真凜は妹・紗来について、「才能がありすぎて恐い」と話しているほどで、スケート4兄妹の中で一番才能がある秘蔵っ子とも言われている。どんな選手に成長していくのか将来がとても楽しみだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする