デニス・テンがカザフスタンで刺され死亡

とても心配なニュースが入ってきました。

ソチオリンピックの男子シングル銅メダリストで、カザフスタン代表のデニス・テンが事件に遭いました。

上記事(ロシア語)によると、テンはカザフスタンの都市アルマトイにて右大腿の上三分の一をナイフで刺され、大腿血管を損傷したとのことです。現在は集中治療室で手術を受けていること、出血量は3リットルにも及び、重症であることをカザフ大臣報道官は報じています。

こちらの記事(英語)によると、テンを襲ったのはテンの車のミラーを盗もうとしていた二人組の男性だということです。

どうか無事であってほしいですね。

※続報

上記の現地記事をはじめ、複数の海外メディアがデニス・テンが死亡したと報じています。信じられませんし、残念でなりません。まだ25歳という若さだというのに・・・

フォローする