タラソワ氏が浅田真央の引退にコメント

ロシアのスポーツニュースにも浅田真央の引退が取り上げられていて、浅田の元コーチであり、振付けも手掛けたタチアナ・タラソワ氏の電話インタビューでのコメントが載っていたので日本語に訳してみようと思う。

前回の記事(浅田真央の引退に対する国内・海外の反応)に追記することも考えたが、やはりタラソワ氏は浅田真央を語る上で特別という印象があるので、新たに記事にすることにした。

ここ数年ロシアのライストで国際試合を見ることが多いのだが、タラソワ氏は浅田が出てない試合でも日本の選手の番になると、頻繁に浅田の話をしていた。(私はロシア語ができないので、残念ながら「マオ」という単語しか聞き取れなかったのだが・・・)

以下、タラソワ氏のコメント(※ロシア語から英語にして、それを日本語にしたもの。)

「私は真央は正しい決断をしたと信じています。なぜなら、今真央には自分自身を高めることが難しいからです。真央は2つのプログラムで3つのトリプルアクセルを成し遂げた最初の選手で、何度もチャンピョンになりました。

真央は類まれで素晴らしいアスリートです。彼女の幸せを祈っています、人生はまだ始まったばかりです。」
出典:http://rsport.ru

浅田真央のタラソワプログラムは、本当に語り継がれるべき伝説だと思う。浅田の身体能力と表現力、タラソワ氏の芸術性の才能が共鳴しあっていて、最高のタッグだった。もし平昌オリンピックまで続けるのなら、最後はタラソワプロだったらいいなと思っていたくらい、もっと見たかった。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加