フィギュア全国中学校大会2017結果、本田真凜など

2月5日から長野県ビッグハットで開催の『第37回全国中学校スケート大会』についてまとめてみようと思う。

2017年度の全中は、2月5日に女子ショートA、6日に女子ショートBと男子ショート、7日に女子フリーと男子フリーという日程で行われる。女子は出場選手が多いためAとBに分かれているが、AB合わせてショートプログラムの上位18人のみが7日のフリーに進むことができる。

今回のエントリー選手の中で注目は、来月の世界ジュニアの日本代表にも選ばれた本田真凜と白岩優奈で、二人ともショートBに振り分けられている。大崩れしない限り、この2人のワンツーは固いのではないだろうか。

ちなみに去年の全中フィギュア2016では、1位樋口新葉、2位白岩優奈、3位本田真凜という結果だった。今年は誰が全国の中学生の頂点に立つのだろうか。

※結果は随時追記予定。

女子ショートA

5日に行われた女子ショートAの結果は以下の通りとなっている。

1 住吉りをん(東京都) 53.81
2 渡辺倫果(東京都) 53.70
3 加藤日向子(愛知県) 52.39
4 青木祐奈(神奈川県) 51.68
5 岩野桃亜(兵庫県) 51.02
6 吉田莉菜(愛知県) 50.87
7 川畑和愛(東京都) 48.01
8 松岡あかり(東京都) 47.02
9 横山翠(兵庫県) 46.15
10 林紗陽子(福岡県) 44.41

住吉りをんがトップ。最近青木裕奈が不調なのが気になる。

女子ショートB

6日に行われた女子ショートBの結果は以下の通り。

1 本田真凜(大阪府) 64.86
2 鈴木沙弥(愛知県) 62.36
3 滝野莉子(大阪府) 59.98
4 山下真瑚(愛知県) 58.56
5 竹内すい(愛知県) 57.68
6 白岩優奈(京都府) 55.10
7 荒木菜那(愛知県) 52.39
8 吉岡詩果(千葉県) 52.35
9 吉井絹恵(愛知県) 48.67
10 長縄和奏(愛知県) 47.71

本田真凜が首位発進。白岩優奈が出遅れてしまったが、フリーに強いので期待したい。フリーに進めるのは18人なので、Bの上位10人とAの上位8人となった。

女子最終結果

ショートと7日に行われたフリーの合計点の最終結果は、以下の順位となった。

1 本田真凜(大阪府) 188.93
2 山下真瑚(愛知県) 178.51
3 滝野莉子 (大阪府) 175.72
4 白岩優奈(京都府) 170.08
5 鈴木沙弥(愛知県) 167.92

中学生最後の年に、本田真凜がSPもFSもトップの成績で初優勝!2位には山下真瑚が入った。男子では木科雄登が 合計182.35点で優勝した。
女子の優勝候補だった白岩は、プロトコルを見たところショートに続いてフリーでも転倒のミスがあった。世界ジュニアに向けて調整を頑張ってほしいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする