フィギュアスケート四大陸選手権2017出場選手、羽生結弦ほか

2月16日から開催される四大陸フィギュアスケート選手権2017のエントリーが、今日1月28日にISUから正式に発表されたので、男子シングルと女子シングルそれぞれの出場選手一覧をまとめてみようと思う。

試合日程や放送予定、滑走順などは後日、別記事にてアップ予定。

2017年度の四大陸フィギュアは、来年行われる平昌五輪と同じ会場である江陵アイスアリーナで開催されることから「プレ五輪」とも言われていて、羽生結弦が最終選考である全日本開幕以前から出場したいという意向を示していたことでも話題になった。

羽生は、年明け後にカナダに渡って四大陸に向けてトレーニングに励んでいるそう。

羽生結弦が出場するとあって、HISで四大陸フィギュアツアーも組まれるなど、日本人も沢山観戦に行くそうだ。ちなみに、去年の4CCチケットは無料だったが今年は有料となっている。

女子出場選手

女子シングルの全23選手は以下の通りとなっている。
注)名前の読みが分からない選手に関しては、申し訳ありませんが英字表記のままにしてあります。

カイラニ・クレイン(オーストラリア)
ブルックリー・ハン(オーストラリア)
ケイトリン・オズモンド(カナダ)
ガブリエル・デールマン(カナダ)
アレイン・チャートランド(カナダ)
シァンニン・リー(中国)
ジジュン・リー(中国)
ツーチュワン・チャオ(中国)
エイミー・リン(台湾)
Maisy Hiu Ching MA(香港)
宮原知子(日本)⇒棄権のため本郷理華が出場
樋口新葉(日本)
三原舞依(日本)

エリザヴェート・ツシンバエワ(カザフスタン)
チェ・ダビン(韓国)
キム・ナヒョン(韓国)
ソン・ソヒョン(韓国)
Chloe ING(シンガポール)
Shuran YU(シンガポール)
Michaela DU TOIT(南アフリカ共和国)
マライア・ベル(アメリカ)
カレン・チェン(アメリカ)
長洲未来(アメリカ)

アメリカは当初アシュリー・ワグナーが選出されたが、アメリカに残って練習したいという理由から補欠だった長洲未来が繰り上がった。日本の補欠は、本郷理華と村上佳菜子。

男子出場選手

男子シングルの前28選手は以下の通り。

アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
マーク・ウェブスター(オーストラリア)
パトリック・チャン(カナダ)
ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
ナム・グエン(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
Micah TANG(台湾)
Chih-I TSAO(台湾) Leslie Man Cheuk IP(香港)
Harry Hau Yin LEE(香港)
Harrison Jon-Yen WONG(香港)
羽生結弦(日本)
宇野昌磨(日本)
田中刑事(日本)

アブザル・ラクムハリエフ(カザフスタン)
デニス・テン(カザフスタン)⇒棄権
Kai Xiang CHEW(マレーシア)
Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)
Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)
キム・ジンソ(韓国)
イ・ジュンヒョン(韓国)
Sihyeong LEE(韓国)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
グラント・ホッホスタイン(アメリカ)
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

日本の補欠選手は、日野龍樹と無良崇人。
男子も女子もやはり「プレ五輪」なだけあって、例年以上に豪華な顔ぶれになっている印象。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加