村主章枝、浅田真央に引退を勧めたことを明かす

村主章枝が「現役を続けるか、続けないか」というタイトルでブログを更新し、浅田真央が全日本フィギュアで12位という結果になり、世界選手権の出場を逃したことについての思いを綴った。

同じフィギュアスケートというスポーツで、世界のトップレベルで戦い、長く現役を続けた村主だからこそ語れる言葉で、とても深いなと感じたので一部紹介したいと思う。

浅田選手が現役復帰する際、新横浜リンク控え室で、長い間、話をした。
私は、続けないことを勧めた。なぜなら、私のように辛い思いをして欲しくなかった。
(中略)風当りは強かったし、色々なことを言われて折れそうになった。
だから、そんな思いをして欲しくなかった。
出典:村主章枝オフィシャルブログ

村主は、浅田真央が復帰するときに話していたこと、引退を勧めていたことを明かしている。
世界トップレベルに立ったことのあるスポーツ選手たちが感じる引き際の難しさや葛藤は、一般の人達には計り知れないものがあるのだろう。

大きな活躍をした選手というのは、ピークに引退しようとすれば「逃げるのか」「勿体ない」と言われ、長く続けて成績が下がれば「老害」「引退しろ」と言われがちだ。世間から叩かれる「そんな思い」をして欲しくないと引退を進めたのも村主の優しさ、浅田への愛情だと思う。

村主の記事は、以下のようなエールで締めくくられている。

良い結果で終わることだけが、素晴らしいのではないと思う。
すべて生き様だと思う。
頑張れ真央ちゃん!!!
出典:村主章枝オフィシャルブログ

「すべて生き様」、これが全てだと思う。良い成績でもそうでなくても、浅田真央がフィギュアスケートを愛し、誠実に前を向いて努力している姿は今も昔も変わらず、それが彼女の生き様なんだと感じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする