【速報】全日本フィギュア選手権2016結果と浅田真央プロトコル

フィギュアスケート全日本選手権2016には、シード選手や免除選手、東日本選手権・西日本選手権の上位選手、全日本ジュニアの上位選手が出場しており、日本の頂点を決める大会となっている。去年(2015年度)の優勝者は、宮原知子。

全日本選手権の男子女子シングルの滑走順抽選会は12月22日に行われた。その様子は、フジテレビのサイトにてライスト放送され、選手宣誓を行う宮原知子の様子なども見ることができた。

2016年度の全日本フィギュアの日程は、男子SPは12月23日17時25分から、FSは24日17時55分から、女子SPは24日13時45分から、FSは25日16時5分から競技開始となっている。

今回の記事では、男子・女子シングル出場選手のショートの滑走順、女子の結果速報と浅田真央のプロトコル(ジャッジの採点表)をお届けしようと思う。

男子ショート滑走順

第1グループ
1小田尚輝(倉敷芸術科学大)
2時國隼輔(同志社大)
3友野一希(浪速中・高スケート部)
4中野紘輔(福岡大)
5渡邊純也(関西学院大)

第2グループ
6木科雄登(金光学園)
7壷井達也(邦和スポーツランド)
8中村智(長野市スケート協会)
9笹原景一朗(同志社大)
10山田耕新(SMBC)
11鈴木元気(学習院大)

第3グループ
12須本光希(浪速中・高スケート部)
13三宅星南(岡山FSC)
14島田高志郎(就実学園)
15鎌田英嗣(明治大)
16鎌田詩温(明治大)
17本田宏樹(日本大)

第4グループ
18川原星(福岡大)
19鈴木潤(北海道大)
20宇野昌磨(中京大)
21無良崇人(洋菓子のヒロタ)
22佐藤洸彬(岩手大)
23吉野晃平(関西大)

第5(最終)グループ
24日野龍樹(中京大)
25佐上凌(明治大)
26本田太一(関西大中・高スケート部)
27田中刑事(倉敷芸術科学大)
28中野耀司(明治大)
29中村優(関西大)

羽生結弦は欠場となった。理由とワールド選考については別記事にて。

女子ショート滑走順

第1グループ
1細田采花(関西大)
2竹野比奈(福岡大)
3坂本花織(神戸FSC)
4船迫麗愛(千葉経済大付属高)
5笠掛梨乃(ポラリス中部FSC)
6森下実咲(アクアピアスケーティングC)

第2グループ
7大澤陽(三沢GOLD F・S・C)
8松嶋那奈(早稲田大)
9今井遥(新潟県連)
10白岩優奈(関西大KFSC)
11森千夏(愛知みずほ大瑞穂高)
12磯邉ひな乃(中京大)

第3グループ
13上野沙耶(関西大)
14大庭雅(中京大)
15中塩美悠(広島スケートクラブ)
16小林聖依(秀明英光高)
17滝野莉子(大阪スケート倶楽部)
18鈴木沙弥(邦和SC)

第4グループ
19本郷理華(邦和スポーツランド)
20宮原知子(関西大)
21松田悠良(中京大中京高)
22木原万莉子(同志社大)
23樋口新葉(日本橋女学館)
24村上佳菜子(中京大)

第5(最終)グループ
25三原舞依(神戸ポートアイランドクラブ)
26新田谷凜(中京大)
27本田真凜(関西大中・高スケート部)
28永井優香(駒場学園高)
29廣谷帆香(八工大一高)
30浅田真央(中京大)

浅田真央が最終滑走を引いた。公式練習では調子がいいようなので、本番も楽しみだ。

女子SP結果

24日に行われた女子ショートプログラムの順位と得点は以下のようにいなっている。

1位 宮原知子 76.49
2位 本郷理華 69.20
3位 樋口新葉 68.74
4位 本田真凜 67.52
5位 三原舞依 65.91
6位 坂本花織 63.36
7位 松田悠良 61.63
8位 浅田真央 60.32
9位 鈴木沙弥 60.06
10位 大庭雅 59.19
11位 滝野莉子 59.13
12位 村上佳菜子 58.52

宮原がジャンプ構成2A、後半3Lz-3T、3Loをノーミスで終え、連覇に向けて好スタートを切った。ジュニア勢の中では、本田真凜がトップで、ノーミスの出来でSP4位に食い込んだ。

浅田真央SPプロトコル

SP:今シーズン怪我の影響もあり、なかなか思うような演技ができていない浅田真央。今大会ではシーズンのなかで一番いい状態だと話し、今シーズン封印してきたトリプルアクセルに挑んできた。ジャンプは前半1A、3F-2Lo、後半3Loとなり、アクセルが抜けてしまう痛いミスが出て60.32点で8位。

テレビ放送で表示されたプロトコルは以下の通り。

1. 1A* 0.00 0.00 0.00
2. 3F<+2Lo 5.50 -0.60 4.90
3. FCSp4 3.20 0.79 3.99
4. 3Lo x 5.61 0.70 6.31
5. LSp4 2.70 0.64 3.34
6. CCoSp4 3.50 1.00 4.50
7. StSq3 3.30 1.29 4.59
技術点(TES) 27.63
演技構成点(PCS) 32.69
フリップが回転不足、スピンは全てレベル4、ステップがレベル3となっている。

FS:フリーでもトリプルアクセルに挑んだが転倒。続いての3回転3回転は着氷した。後半は、サルコウでの転倒、フリップの抜けがあった。プロトコル(得点詳細)は以下の通り。

1 3A<< 3.30 -1.50 1.80
2 3F<+3Lo< 7.30 -1.10 6.20
3 3Lz 6.00 0.70 6.70
4 FCSp4 3.20 0.57 3.77
5 ChSq1 2.00 1.60 3.60
6 2A+3T< 6.93 X -0.29 6.64
7 3S< 3.41 X -2.10 1.31
8 1F 0.55 X -0.09 0.46
9 3Lo 5.61 X 0.70 6.31
10 CCoSp4 3.50 0.86 4.36
11 LSp4 2.70 0.93 3.63
12 StSq4 3.90 2.10 6.00
技術点(TES) 50.78
演技構成点(PCS) 65.32
減点 2.00

ステップや表現は素晴らしく、スピン・ステップは全てレベル4。フリーの得点は114.10だった。

女子最終結果

25日に行われたフリー後の最終結果(上位12位まで)は以下の通りとなった。この結果は、世界選手権や四大陸選手権の日本代表選手選考基準の1つとなっている。

1位 宮原知子 214.87
2位 樋口新葉 199.49
3位 三原舞依 198.17
4位 本田真凜 196.11
5位 本郷理華 194.28
6位 白岩優奈 185.37
7位 坂本花織 184.06
8位 村上佳菜子 182.55
9位 鈴木沙弥 180.41
10位 松田悠良 180.27
11位 新田谷凜 176.86
12位 浅田真央 174.42

宮原がミスを最小限に抑えて、3連覇を果たした。個人的には、村上佳菜子の会心の『トスカ』と山田満知子コーチとのハグ、そして浅田真央の難易度を上げてきた演技が印象的だった。2人とも引退がよぎっているかもしれないが、まだ見ていたい魅力がある選手達だと改めて思った。

スポンサーリンク

フォローする