【速報】GPシリーズフランス大会2016結果、樋口新葉など

今週末は、グランプリシリーズ2016の第4戦フランス大会(フランス杯)がパリにて行われている。今回の記事では、男子・女子シングルの結果速報をお届けしようと思う。

男子SP

1位 ハビエル・フェルナンデス 96.57
2位 ネイサン・チェン 92.85
3位 デニス・テン 89.21

ロシア大会からの連戦で疲労が心配されたフェルナンデスだが、やはり強い。最初の4回転トゥループで転倒はあったが、リカバリーをし、SPトップにつけた。鬼構成で挑んだアメリカ期待のネイサン・チェンは2位。

日本の無良は78.38点で6位。怪我もあり、本調子とはいかず・・・

男子最終結果

1位 ハビエル・フェルナンデス 285.38
2位 デニス・テン 269.26
3位 アダム・リッポン 267.53

スペインのフェルナンデスがフリーでもトップで優勝!グランプリファイナルへの進出も決めた。

カザフスタンのテンは、今までスロースターターの印象があったが今シーズンは序盤からいい感じに仕上がっている。モロゾフにコーチ変更したのは正解だったのかもしれない。

アメリカのリッポンは、SP4位から順位を上げて表彰台乗り!美しい演技だった。
無良は248.42点で最終順位は5位。ジャンプはノーミスではなかったが、ステップはレベル4も貰えたし素晴らしかった。

女子SP

1位 エフゲニア・メドベージェワ 78.52
2位 ガブリエル・デールマン 72.70
3位 マリア・ソツコワ 68.71

メドベージェワが浅田真央の持つSPの世界最高得点に迫る得点を出して、SP首位。本当に絶好調、ミスをする気配すらない!あと、個人的にはレオノワのコスプレチックな髪型と衣装のインパクトが強かった。

日本勢は、樋口新葉が65.02点で5位、浅田真央が61.29点で8位、永井優香が52.41点で12位につけた。*関連記事:【フランス大会2016】浅田真央の膝の怪我が悪化してそうな件

樋口新葉は、3回転の予定が2回転になり、ノーカウントになってしまったのが痛かったが、それ以外はプロトコルを見てもジャンプの加点(GOE)も結構もらえていたし、演技構成点も31.06でシニアグランプリシリーズデビューにしては点数出た方だと思う。フリーで順位を上げてくれることを期待したい。

スポンサーリンク

フォローする