【速報】JGP横浜2016フリー結果、坂本花織も本田真凜も涙

ジュニアグランプリシリーズ2016横浜大会の女子フリーが先ほど終了したので、表彰式の画像と共に上位3人の演技内容を振り返ってみようと思う。

日本女子強し

表彰式の様子。日本人女子が表彰台を独占する結果になった。
medals

1位 坂本花織(187.81)

フリーのジャンプ構成は、3F-3T 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2T(後半)3Lo、2A。後半のループがステップアウトした以外は、ジャンプの高さが素晴らしく、最終滑走の優勝がかかったプレッシャーの中落ち着いていた。

フリーの点数は122.15で、パーソナルベスト更新!キスクラでは、得点に驚き、涙を見せた。早くもジュニアグランプリファイナル進出確定。

2位 本田真凜(184.11)

フリーのジャンプは、3Lz、3F-3T(後半)2A-3T、3S 、3Lo、3F、1A-2T-2Lo。
最後の3連コンビネーションジャンプが抜けるまでは、ノーミス!ロミジュリの切なさを表現しつつも、ジャンプではショートの悔しさを晴らすパワーも感じられた。

フリーの得点は、128.64。キスクラでは、ショートでの悔し涙から一転、うれし涙を流した。表彰式では、ジャンプしながら登場するファンサービスも。

3位 山下真瑚(182.43)

フリーのジャンプ構成は、3Lz-3T、3F(後半)2A、3Lz、2A-3T-2T、3Lo-2T、3Sで目立ったミスはなし。フリーの得点は117.57。まだまだ伸びそうな選手。
顔が浅田真央に似ているわけではないのだが、滑っている姿が昔の浅田を思い出させる選手。体型や頭の形が似ているからだろうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    真凛ちゃんの笑顔が見れてよかった!!

  2. 匿名 より:

    花織ちゃんシニアみたいなジャンプでした。JGPF一番乗りおめでとう!