2016-2017女子新プログラム情報、宮原知子や本郷理華など

浅田真央の新プログラムが初披露される予定のザ・アイス公演も近づいてきて、今の時期は多くの選手が新プロ練習に取り掛かっているのだろうなと考えるとワクワクする。

さて、前回の記事では男子シングル選手の新プロ情報についてまとめたので、今回は女子シングル(シニア)の日本人選手、海外選手についても書こうと思う。

*青い星マークは追記した新情報。

海外有名選手

長洲未来
ショート「ノクターン第20番遺作(ショパン)」振付け ジェフリー・バトル
フリー 「The Winner Takes It All」振付け デビッド・ウィルソン

グレイシー・ゴ-ルド
ショート  「Assassin’s Tango(Mr. &Mrs. Smithより)」
フリー 「Daphnis & Chloe」どちらも振付けローリー・ニコル

アシュリー・ワグナー
ショート「スイート・ドリームズ」振付け ジェフリー・バトル
フリー「エクソジェネシス パート3」振付け シェイリーン・ボーン
エキシビ「Dangerous Woman」振付け ジェレミー・アボット

エリザベータ・タクタミシェワ
ショート 「ピアノ協奏曲第23番第2楽章(モーツァルト )」振付け タチアナ・プロコフィエワ
フリー「クレオパトラ」振付け エマニュエル・サンデュ
↑イメージ的に絶対似合う!

アンナ・ポゴリラヤ
ショート 「ポル・ウナ・カベーサ」振付け ミーシャ・ジー
フリー 「モジリアーニより」振付け ニコライ・モロゾフ

ユリア・リプニツカヤ
ショート 「枯葉」振付け ステファン・ランビエール
フリー 「キル・ビルより」振付け アレクセイ・ウルマノフとオリガ・ポヴェレンナヤ
SPは叙情的、FSは有名な曲だとウルマノフコーチが曲名のヒントを出している。

エフゲニア・メドベージェワ
ショート 「River Flows In You」と「The Winter」
フリー「Extremely Loud and Incredibly Closeより」どちらも振付け イリヤ・アヴェルブフ
エキシビ「ムーンライト伝説」
↑本人の日本語音声「月に代わってお仕置きよ」入り、日本のショーだけの限定プロかも?

エレーナ・ラジオノワ
ショート 「It Ain’t Necessarily So (『ポーギーとベス』)」振付け シェイリーン・ボーン

国内有名選手

浅田真央
ショートとフリー「リチュアル・ダンス(ファリャ)」振付け ローリー・ニコル
エキシビ「チェロ・スイーツ(バッハ)」振付け ローリー・ニコル

宮原知子
ショート「ラ・ボエーム」振付け ローリー・ニコル
フリー 「惑星~スターウォーズ」振付け トム・ディクソン
↑『スター・ウォーズ』の曲などを使用。イメージは宇宙で、「今までにないような世界観」と本人談。
エキシビ「Hernando’s Hideaway」振付け ステファン・ランビエール
↑口紅ヌリヌリから始まるお洒落プロ。

本郷理華
ショート「カルミナ・ブラ―ナ」振付け シェイリーン・ボーン
↑ボーン氏によると「理華に欠けていたのが優雅さだと思った」ことから選んだ曲。
フリー「アラビアのロレンス」振付け 鈴木明子

村上佳菜子
ショート「カルメン」 振付け 樋口美穂子
フリー「トスカ」振付け 樋口美穂子
エキシビ「Seven Nations Army」

樋口新葉
ショート 「ラ・カリファ」振付け シェイリーン・ボーン
フリー 「シェヘラザード」振付け マッシモ・スカリ
エキシビ「白夜を行く(『白夜行』より)」
↑パワフルな今までのイメージから一変、新たな魅力満載!

このブログをよくご覧になっている方はお気づきかもしれないですが、私スケオタるーぷ管理人は女子シングル熱が熱いので、所々でプチ情報や個人的感想も書いてしまいました。

スポンサーリンク

フォローする