【速報】世界フィギュア2016男子フリー最終結果、羽生結弦など

世界フィギュアスケート選手権の男子フリーがたった今終了したので、結果速報をお届けしようと思う。

1位 ハビエル・フェルナンデス(フリー216.41、総合点314.93)

ノーミス完璧!本人が楽しんでいる余裕すら感じる演技だった。
現地に観に行っている安藤美姫も興奮したに違いない。
総合得点は300点を超えたが、羽生の持つ世界最高得点には及ばず。昨年に続き2連覇を達成!

2位 羽生結弦(フリー184.61、総合点295.17)

演技内容は4S手つき、4T、3F、4S転倒+REP、3A-3T、3Aオーバーターン-1Lo-2S、3Lo、3Lz着氷乱れ。
後半のジャンプが上手くコントロールできない感じで辛そうだった。
あの絶好調がワールドの時期に重ならなかったのも、今後の試練なのかもしれない。

3位 ボーヤン・ジン(フリー181.13、総合点270.99)

ジャンプの申し子のジンだが、今回は本調子の出来ではなかった。でも、基礎点の高さはさすが。羽生と一緒に、フェルナンデスに「まいりました」のジェスチャーをしていたのが可愛かった。

4位はタラソワ氏が大興奮実況解説をしたミハイル・コリヤダ、5位はパトリック・チャン、6位はアダム・リッポン、7位は宇野昌磨。

宇野は、4回転の転倒ミスがありキスクラでは泣き顔をしていたが、構成の難易度を上げて挑んできたのは素晴らしいし、日本の3枠取れたし、よく頑張ったと思う。

スポンサーリンク

フォローする