チームチャレンジカップ2016出場エントリー選手と選考方法、アジア・北米・ヨーロッパの戦い

フィギュアスケートのチーム団体戦「コーセー・チームチャレンジカップ2016」が、アメリカのワシントンで来月開催される。日程は、現地時間の4月22日から24日までとなっている。ちなみに、日本での国別対抗フィギュアは今年は開催なし。

エントリー選考方法

このチームチャレンジカップは、今年初めて開催されるISU(国際スケート連盟)公式の大会で、エントリー選手は招待制となっている。チーム構成は、キャプテンが1人、男子シングル3人、女子シングル3人、ペア2組、アイスダンス2組。

招待選手は、2016年1月時点の世界ランキング(男子女子)に基づいて決められ、チームごとに上位の2人(2組)を招待するが、その2人(2組)が同じ国の選手であってはならないというルール。

男女シングル3人目の招待選手については、今月行われる世界選手権に出場する選手から男女それぞれ最大5人を選出し、その中からファン投票によって決める、というなかなか興味深い仕組みになっている。

エントリー確定選手

ヨーロッパ

ペア:ストルボワ&クリモフ、デラ・モニカ&グアリーゼ
アイスダンス:カッペリーニ&ラノッテ、パパダキス&シゼロン
男子:ボロノフ、ブレジナ
女子:トゥクタミシェワ、ロデギエーロ

フェルナンデスは招待辞退したようだ。スケージュール的にアイスショーもあるしなぁ・・・

北米

ペア:デュハメル&ラドフォード、シメカ&クニエリム
アイスダンス:ウィーバー&ポジェ、チョック&ベイツ
男子:ブラウン、グエン
女子:ゴールド、デールマン

アジア

ペア:スイ&ハン、須藤&オデ
アイスダンス:キム&ミノフ、ワン&リウ
男子:テン、宇野
女子:宮原、ツルシンバエワ
キャプテンは荒川静香。

男女シングル3人目を決めるファン投票の開始日は3月9日で、締め切り日は4月4日とのこと。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加