【速報】四大陸フィギュアスケート選手権2016女子結果、村上佳菜子にキレが戻った

四大陸フィギュアスケート選手権2016の女子ショートプログラムが、たった今終了したので、結果速報とプログラム内容をまとめてみようと思う。日本からの出場選手は、宮原、本郷、村上の3人。

1位 宮原知子

曲名は「ファイアーダンス」。ジャンプ構成は、3Lz3T、3F、2Aでノーミス。技術点が39.88、演技構成点が32.60、合計72.48点のパーソナルベストでショートプログラムトップに立った。さすがの安定感、そして表現も良くなったと思う。

2位 村上佳菜子

曲名は「ロクサーヌ」。ジャンプ構成は、3F、3T3T、2A。プロトコルを見たが、回転不足なしのノーミス!技術点が36.51,演技構成点が32.00、合計68.51点でこちらもパーソナルベスト更新。

今日は、村上の演技が一番印象的だった。

mk

ジャンプも含め全体的にこんなにキレがある村上の演技は久々だと思う。せっかくの会心の演技後のキスクラなのに視力が悪いのか(?)得点が見えず、目を細める&「見えない」を連呼していたのが面白かった。

3位 長洲未来

曲名は「デーモンズ」。ジャンプ構成は、3F3T、3Lo(着氷乱れ), 2A。技術点が35.05、演技構成点が31.01、合計66.06点。3回転3回転がよかった!

本郷理華は4位、優勝候補のグレイシー・ゴールドは転倒ミスが2回あり、まさかの9位となった。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加