カナダ選手権2016の結果とケヴィン・レイノルズの復帰

全米選手権と同時期に、カナダ選手権2016も開催中。どちらも熱い世界選手権出場枠争いが繰り広げられている。

今日男子シングルのショートプログラムが終了したので、結果をまとめてみようと思う。

男子シングルSP

ショートプログラムを終えた時点での順位と点数、試合内容は以下の通り。

1位 パトリック・チャン(103.58)

ジャンプ構成は、4T+3T, 3A, 3Lzでノーミス!素晴らしい!

2. リアム・フィルス (78.87)

ジャンプ構成は、4T, 3A, 3Lz+3T。

3. ケヴィン・レイノルズ (77.65)

4S<+3T, 3A(転倒), 3F。日本語もできるレイノルズ。昨年の春に股関節の手術をしたが、怪我から無事復帰してナショナルに出場できてよかった。

カナダ選手権2015で優勝した、前回の覇者ナム・グエンは、 76.04で5位と少し出遅れた。身長も伸びているようで、体型の変化で苦労しているのかなという印象。