ISUフィギュアスケート世界ランキング2015-2016女子編

浅田真央も気にする世界ランキング

昨年の全日本フィギュア選手権で、今年の世界選手権と四大陸選手権の日本代表が発表された際、浅田真央を四大陸に派遣するのはどうなんだろうという思いを記事に書いた(四大陸選手権2016と世界選手権の日本代表出場選手一覧)が、その後浅田の四大陸出場理由が「世界ランキングを上げたい」ということだと知り、なるほどと思った。

世界ランキングの結果が、ISU主催大会でのショートプログラムのグループ分けや滑走順に影響を与え、上位ほど点数が出やすい後半グループで滑ることができるからだ。

ISU世界ランキング(女子)2015-2016

オリンピック、世界選手権、グランプリシリーズ、四大陸選手権、ヨーロッパ選手権などの大会の結果ポイントで順位が決まるISUフィギュアスケート世界ランキング。

今季シーズン後半に入った現時点でのランキング(上位20人)とポイントは以下の通り。算出方法は、2015-2016シーズン100%、2014-2015シーズン100%、2013-2014シーズン70%の合計ポイント得点で決定する。

1位 4327 宮原知子(日本)

2位 4222 エリザベータ・タクタミシェワ(ロシア)

3位 3673 エレーナ・ラジオノワ(ロシア)

4位 3538 グレイシー・ゴールド(アメリカ)

5位 3468 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)

6位 3319 アシュリー・ワグナー(アメリカ)

7位 3088 本郷理華(日本)

8位 2950 ユリア・リプニツカヤ(ロシア)

9位 2884 エフゲニア・メドベデワ(ロシア)

10位 2836 村上佳菜子(日本)

11位 2553 ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)

12位 2552 浅田真央(日本)

13位 2429 コートニー・ヒックス(アメリカ)

14位 2415 アレーナ・レオノワ(ロシア)

15位 2232 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)

16位 2215 セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)

17位 2198 ガブリエル・デールマン(カナダ)

18位 2163 ロベルタ・ロデギエーロ(イタリア)

19位 2068 アレーヌ・シャルトラン(カナダ)

19位 2068 長洲未来(アメリカ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ゆう より:

    四大陸でどれくらい順位あげられますでしょうか?
    また、アイスダンスのショートダンスのミニマムポイントを村元哉中/クリス・リード組がクリアしましたね♪フリーはグランプリシリーズで獲得してましたしね。良かったです。世界選手権の代表選出もされることでしょう。
    ますますアイスダンスの四大陸選手権も楽しみです。

  2. 管理人 より:

    >ゆうさん

    村元哉中/クリス・リード組、世界選手権に選ばれましたね!いい感じに成長していて今後が楽しみです^^