全日本フィギュア2015女子フリー滑走順と世界選手権2016出場枠の選考基準

明日12月27日に行われる全日本フィギュア選手権女子フリーの最終グループの滑走順と、今大会が選考を兼ねている世界選手権2016の女子出場選手枠の選考基準をまとめてみようと思う。

女子フリー滑走順

現時点では最終グループのみしか分からず、申し訳ないですが取り急ぎ。

19番 宮原知子
20番 樋口新葉
22番 本郷理華
21番 白岩優菜
23番 浅田真央
24番 村上佳菜子

世界選手権の選考基準

まず、世界選手権2016に出場できる日本人女子の選手枠は3つあり、日本スケート連盟が発表した選考基準は以下の通りになっている。

1人目は、全日本フィギュア2015の優勝者。

2人目は、最低どちらかを満たす選手からスケート連盟の判断により選ばれる。
・ 全日本フィギュアで2位または3位の選手。
・グランプリファイナル出場者(全日本優勝者を除く)の日本人上位2名。

3人目は、最低どれか1つを満たす選手からスケート連盟の判断により選ばれる。
・2人目の基準を満たし、選考から漏れた選手、全日本フィギュアで4位~6位の選手。
・全日本終了時点で、ISU世界ランキングの日本人上位3名に入っている選手。
・全日本終了時点での、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名に入っている選手。

追記:日本代表出場選手が発表された:四大陸選手権2016と世界選手権の日本代表出場選手一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加