GPファイナル2015結果速報と羽生結弦のプロトコルがすご過ぎる件

グランプリファイナルの男子SPは以下の結果となった。

1位 羽生結弦 110.95
2位 ハビエル・フェルナンデス 91.52
3位 金博洋(ボーヤン・ジン) 86.95
4位 宇野昌磨 86.47
5位 村上大介 83.47
6位 パトリック・チャン 70.61

ライストで観戦したのだが、羽生の演技がとにかくすご過ぎた。

プロトコルも、これは近々ルール改正の会議開かれちゃうんじゃないか?というくらい大変なことになっている。

羽生結弦プロトコル

1 4S 10.50 3.00 13.50
2 4T+3T 14.60 3.00 17.60
3 FCSp4 3.20 1.29 4.49
4 3A 9.35 x 2.71 12.06
5 CSSp4 3.00 1.43 4.43
6 StSq3 3.30 1.50 4.80
7 CCoSp3p4 3.50 1.43 4.93

Skating Skills 9.75
Transition / Linking Footwork 9.61
Performance / Execution 10.00
Choreography / Composition 9.93
Interpretation 9.89

技術点  61.81
演技構成点 49.14
合計 110.95

演技構成点なんて、もうほぼ満点!!この鬼構成で、この加点にこの演技構成点。もう本当に別次元。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加