【NHK杯】羽生結弦の世界最高得点に対する海外選手たちの反応と翻訳まとめ

現在開催中のグランプリシリーズNHK杯2015で、羽生結弦が世界最高得点となる300点超えの322.40を出し、優勝した。

プロトコルを見てみたが、マイナスは一つもなく全て加点。まさに「非の打ち所がない」というジャッジの評価を得たと言えるだろう。

この前人未到の新記録に、世界のメダリストスケーターたちもツイッター上で反応を示しているので、まとめてみようと思う。特にプルシェンコの言葉に愛を感じる。

タチアナ・ボロソジャル(ロシア)

ソチオリンピック、ペア・団体ともに金メダル。

リンクで仲間たちと一緒に観戦していた様子。
「ユズのNHK杯の演技、ただただワオ!だわ。」

エリック・ラドフォード(カナダ)

ソチオリンピック団体銀メダリスト。

「ユズルのスケートは僕のスケート人生の新しいハイライトだ!ワオ!」

エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)

オリンピック金メダル2つ(個人&団体)・銀メダル2つの言わずも知れたスケーター。

「ユズ、おめでとう!!!君を誇りに思う。ボーヤンジンもよくやった。これがフィギュアスケートだ。」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加