高橋成美とアレクサンドル・ザボエフ組解散のニュースと理由

ペア競技の高橋成美とアレクサンドル・ザボエフ組が解散したことが明らかになった。今年の7月に結成したばかりだった(高橋成美&アレクサンドル・ザボエフ組の日本国籍取得問題とオリンピック出場の壁)。

アレクサンドル・ザボエフは自身のフェイスブックにて、ブロック大会(11月3日)の後からスポンサーのサポートを得られなかったこと、コーチ代が払えなかったことが解散の理由だと説明した。そして、日本のファンは今までで最高のファンだということや、素晴らしい経験ができたことへの感謝を綴っている。

今月3日に行われた西日本選手権の東日本ペアでは、須藤澄玲&フランシス・ブードローオデ組、須崎海羽&木原龍一組を抑えて優勝し、これからが楽しみなペアだったので残念でならない。

しかも、本人達の意思ではなくて、金銭的な理由ということなので、本人達の気持ちを考えるとやりきれないなと思う。貴重な1シーズンを棒に振ったようなものだし・・・

木下クラブとしては、やはり日本国籍同士のペアの方をサポートしたいということなのだろうか。高橋成美にいいパートナーがすぐ見つかるといいのだが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加