ジャパンオープン2015の結果と浅田真央のプロトコルをじっくり見る

ジャパンオープン2015が今日行われ、チーム戦の結果は1位チームジャパン、2位チームノースアメリカ、3位チームヨーロッパという結果になった。

男子の順位

1. 宇野昌磨 185.48
2. ハビエル・フェルナンデス 176.24
3. パトリック・チャン  159.14
4. ジェレミー・アボット  153.72
5. 村上大介  145.77
6. ブライアン・ジュベール 105.51

宇野が世界王者のフェルナンデスにもチャンにも点差をつけて1位。すごい!4回転を2本とも決め、鳥肌の立つトゥーランドットだった。

女子の順位

1. 浅田真央 141.70
2. 宮原知子 134.67
3. エリザベータ・トゥクタミシェワ 128.34
4. アデリナ・ソトニコワ 118.81
5. アシュリー・ワグナー 117.84
6. グレイシー・ゴールド 114.53

久しぶりに見るこの景色。浅田真央、完全復活!
CQY2DY1VAAAKLhb
出典:産経フォト

復帰していい演技を見せてくれただけでも十分なのだが、やはりジャッジの判定も気になってしまうのがスケオタ。

浅田真央プロトコル

ma2
出典:JSF

綺麗に決まったトリプルアクセルはちゃんと認定されていて、加点が1.00。

課題の3ルッツは!が付いてしまい、0.10の減点だが、それ以外は2A3Tに1.30の加点、 ステップシークエンスに1.60の加点など、全体的に加点がたくさん付いていて嬉しい。

スポンサーリンク

フォローする