JGPスペイン大会結果、松田悠良が急成長!樋口新葉のクロアチア大会出場危うし?

ジュニアグランプリシリーズ2015第6戦、スペイン大会の女子SPをライストで見た。

今大会、ロシアのセラフィマ・サハノビッチが遂に登場した。

ジャンプは全て後半に持ってくる構成で、最初の3Lzがステップアウトでコンボにならなかったが、その次の3F(両手タノ)は素晴らしかった。最後のジャンプは2A。

ミスをしても最後まで曲の世界観に入り込んでいて、表現力は参加者の中でずば抜けていたと思う。60.10点で、順位は4位。

フリー次第では優勝も十分狙える選手なのでまだ分からない。

白岩優奈

キスクラで田村岳斗コーチと。美少女とイケメン。
CQPTvIfUcAA_hXZ

ジャンプ構成は3F、3Lz-3T、2Aで、ダブルアクセルは少しこらえたが、なかなかの出来。

私は今のジュニアらしい可愛さが好きだが、上位の他の3人に比べると表現力はまだこれから、という印象。

点数は62.51で3位につけた。フリーもこの調子でファイナル出場を決めて欲しい。

松田悠良

ym

正直な話、サハノビッチ・白岩・フェディチキナで表彰台は決まりだと予想していたのだが、最終グループの松田が素晴らしい演技を見せたので、とても驚いた。

ジャンプ構成は3F、3Lo-3Lo、2Aでノーミス。

表現力も含めて急成長していて、素敵なプログラムになっていた。

全てにおいてハイレベルな演技を見せた1位のフェディチキナ(66.16)に僅差の65.71点で、2位。

フリーでも松田が良い成績を残したら、第7戦クロアチア大会は樋口新葉と入れ替えになる可能性もあるが、どうなるか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加