ジェイソンブラウンが上達した日本語で宇野昌磨に「会おうね」

親日家で知られるアメリカのフィギュアスケーター、ジェイソン・ブラウンが、自身のツイッターとインスタグラムで、日本語で宇野昌磨へのコメントと画像を載せています。

今回の記事では、その件と合わせて、ジェイソン・ブラウンのプロフィール強み日本語羽生結弦に関するエピソードについてもご紹介したいと思います。

ジェイソン・ブラウンとは

生年月日: 1994年12月15日
身長:170センチ
コーチ:コーリ・エイド

4回転ジャンプを武器に戦う選手が増えてきている中、ブラウンは4回転は得意としていないものの、美しいスケーティングと凝ったつなぎを武器にアメリカ代表として様々な試合で活躍しています。

女の子顔負けの柔軟性を見せつけるバレエジャンプが彼のトレードマークです。キスクラでのコーチとの仲の良い様子や人懐っこい笑顔も印象的ですね。

長い髪の毛もトレードマークの一つですが、以前アメリカで髪型を変えるように批判を受けたことがあるとインタビューで明かしています。

しかし、自分の意思を貫き通したということで、芯の強さを感じますね。アメリカは性差別が比較的少ない国というイメージがありますが、やはり「男性はこうあるべき」という根強い固定観念はなかなか消えないものなのでしょうか。

ブラウンは、ソチオリンピックの団体銅メダリストということもあり、日本での一般知名度もある程度あります。日本のテレビでは、『youは何しに日本へ』へ出演したことも。

その時には、羽生結弦と友達であることや、「素晴らしい選手です。ユヅルが大好きです。」などと話していました。

追記)

NHK杯2017のキスアンドクライでは、怪我により直前で残念ながら棄権となった羽生結弦へ「はやくよくなってください!」と日本語で手書きした紙を手に持っていました。

ジェイソン・ブラウンと日本語

ブラウンは、日本が好きと公言していて、日本語の勉強も日常的に続けているそうです。ツイッターでも頻繁に日本語でツイートしていて、レベルも上がっていてすごいなと感じます。

以前のインタビューでは、将来は日本で英語を教えたいと話しています。明るくて素敵な先生になりそうですよね!

宇野昌磨へメッセージ

さて、今回の件の画像とコメントは以下の通りです。自然な日本語で、上達していますよね。

Wow…Time sure does fly! Skate Canada next week!! 🇨🇦しょうま、来週会おうね。五年ぶりになるね。新しいミニシリーズのビデオを作成中だよ。今週できる予定!2017 ➡️ 2012

出典:Jason Brown twitter

グランプリシリーズのスケートカナダ2017で、宇野昌磨と一緒になるということで2017年と2012年の画像を比較できるように載せています。

5年前の画像は、2012年の世界ジュニアの時のものだと思います。ブラウンはあまり変わりませんが、宇野は5年前は子供のような可愛さですね!
そして、宇野へのメッセージもありますが、宇野のことが好きなんだなと伝わってきて微笑ましいです。