オータムクラシック2017の日程・ライスト・結果など、羽生結弦

羽生結弦の今シーズン初戦として注目度の高いオータムクラシック2017の公式練習および競技の大会スケジュールが公式発表されたので、出場選手、ライスト(生放送)、日程、滑走順、結果などをまとめたいと思います。

出場選手

日本からの出場選手は、シニア男子シングルの羽生結弦と村上大介、シニア女子シングルの三原舞依と新田谷凜となっています。

先日、羽生のカナダでの公開練習にて新プログラムの曲名、ショート「バラード1番」フリー「SEIMEI」が明らかになり、どちらも再演プロゆえにスケートファンの間で賛否両論あるようですが、より磨きのかかったプログラムになるのではないかと思います。
怪我からの国際戦復帰となる村上大介の演技も楽しみです。

海外の注目選手は、女子がケイトリン・オズモンド、アレーヌ・チャートランド(カナダ)、エリザヴェート・ツルシンバエワ(カザフスタン)など、男子がハビエル・フェルナンデス(スペイン)、アレクセイ・ヴィチェンコ(イスラエル)、ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)、ナム・グエン、エラッジ・バルデ(カナダ)など。男女ともに豪華メンバーですね。

全体のエントリーリストはこちら

追記:読売新聞によると、オーサーコーチは、羽生が先週から膝痛を抱えていて、練習を休んでいたことを話したそうです。コーチの判断で、プログラムもシンプルにするとのことです。大事なシーズンなので、怪我が悪化しないことを祈ります。

ライスト情報

オータムクラシックは、今年もカナダスケートデイリーモーションチャンネルのこちらのページにて、公式練習も含め無料ライブ放送予定となっています。

追記
1. 日本はジオブロック(地域制限)がかかるかもしれないようです。こちらの中国のサイトでも放送予定で、こちらは日本からも視聴可能となっています。

2. 9月24日(日)13時55分からテレビ朝日系の特別番組『神様に選ばれた試合』の中で羽生結弦のフリーの演技が速報されるそうです。

テレビ放送は、CSテレ朝チャンネル2にて以下の日程で録画放送予定となっています。

男女SPハイライト 9月23日(土)17:00~17:55
男女FSハイライト 24日(日)22:00~23:00
女子SP 10月7日(土)19:00~21:00
男子SP 8日(日)13:45~15:30
男女FS 8日(日)15:30~20:30

大会スケジュール

8月23日に公式サイトにて発表された公式練習と競技の日程は、以下の通りとなっています。時間は日本時間に修正済みです。
※(連)は公式練習のスケジュール。変更の可能性あり。9/22更新済み。

9月21日(木)7:00-(連)シニア女子SP/FS
22:05-(連)シニア女子SP
9月22日(金)4:15-(連)シニア男子SP/FS
9:10-シニア女子SP
22:00-(連)シニア女子FS
9月23日(土)01:20-(連)シニア男子SP
08:40-シニア男子SP
19:30-(連)シニア女子FS
0:15-(連)シニア男子FS
9月24日(日)02:45-シニア女子FS
09:00-シニア男子FS

滑走順

※時間は日本時間です。
女子SP
女子ショートプログラムの主な出場選手の滑走順は以下の通りです。

6番 ツルシンバエワ
7番 新田谷凜
9番 三原舞依
11番 オズモンド
12番 チャートランド

男子SP
男子ショートプログラムの主な出場選手の滑走順と滑走時間は以下の通りです。

1番 8:46 グエン
4番 9:04 フェルナンデス
6番 9:23 羽生結弦
7番 9:29 ジー
9番 9:41 村上大介
10番 10:08 マイナー

女子FS
女子フリーの主な出場選手の滑走順と滑走時間は以下の通りです。
11番 4:05 新田谷凜
12番 4:34 チャートランド
14番 4:49 ツルシンバエワ
16番 5:04 三原舞依
17番 5:12 オズモンド

男子FS
男子フリーの主な出場選手の滑走順と滑走時間です。
7番 10:01 マイナー
8番 10:09 村上大介
11番 10:54 ジー
12番 11:02 羽生結弦
13番 11:10 フェルナンデス
14番 11:18 グエン

結果

女子SP
女子ショートの結果です。

1位 ケイトリン・オズモンド 75.21
2位 三原舞依 66.18
3位 コートニー・ヒックス 59.77

三原はジャンプ構成3Lz3T、後半2A、3Fで、プロトコルを見たところ3Fにエラーが付いています。
新田谷は転倒ミスがあり、46.83点で9位につけました。

男子SP
男子ショートの結果です。

↓SP後のキスクラ。

1位 羽生結弦 112.72
2位 フェルナンデス 101.20
3位 グエン 88.40

羽生結弦は、ジャンプ構成4S、後半3A、4T3Tを完璧にこなし、以前の使用曲でさらに進化した演技を見せて自身の持つ世界最高得点110.95点(2015年)を更新しました。

村上大介は冒頭の4Sで転倒ミスがあり、70.09点で7位につけています。

女子最終結果
女子のショート・フリー合計の順位と得点は以下の通りです。

1位 オズモンド 217.55
2位 三原舞依 199.02
3位 ツルシンバエワ 181.00

フリー:新田谷は3Sの転倒がありましたが、SPより順位をあげて6位(総合161.20点)。三原は、1つジャンプの抜けがあった以外は、3Lz3Tを2回決めるなど美しい演技で銀メダルです。

男子最終結果
男子のショート・フリー合計の順位と得点です。

1位 フェルナンデス 279.07
2位 羽生結弦 268.24
3位 メッシング 248.30

フリー:村上は3Aでの転倒などのミスが出て合計200.59点で8位。仕上がりが楽しみな新プロです。
羽生は珍しくジャンプの抜けや得意の3Aでの転倒があり、フリーの得点は155.52点でした。膝痛の影響ではないといいのですが・・・

※関連記事:フィギュアスケート歴代世界最高得点ランキング(男子完全版)