浅田真央の母親匡子さんとローリー・ニコルの言葉

Number Webの記事『浅田真央復帰にL・ニコルがエール。「彼女が一番幸せと思える選択を」』を読んだ。

浅田真央が大きな信頼を寄せるローリー・ニコルは以下のコメントを寄せたそうだ。

「自分勝手な視点から言うと、マオのスケートが本当に恋しくて、また試合で見たいと思っていました。でも彼女自身が、一番幸せと思える選択をして欲しいと思っています。毎日朝起きて、彼女自身生きがいを感じられること、自然に微笑が浮かんでくるようなことを選ぶなら、それが何であれ、私は全面的にサポートします」(出典:Number Web)

ローリーが、どれほどの喜びを感じながら浅田真央と関わり、多くの作品を作り上げてきたのかが分かるコメントだと思う。

そして、生前の匡子さん(浅田真央のお母さん)が記者・田村明子さんに語った言葉も紹介されている。

「ヨナちゃんが勝ったとか、今度はうちの真央が勝ったとか、皆さん色々と取り上げてくださる。でもフィギュアスケートはそういうものではなくて、その人の生き様を氷の上でどう見せるか。そうではないですか、田村さん」(出典:Number Web)

残念ながら、匡子さんは見ることができなかったが、ソチで浅田真央のフリーが多くの人々に感動を与えたのは、フィギュアスケートが勝ち負けだけではないことを証明したと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加