浅田真央「サンデースポーツ」発言書き起こし、平昌五輪まで続行の可能性示唆も

7月26日のNHK『サンデースポーツ』で、浅田真央単独インタビューが放送された。
以下、その中での発言をすべて書き起こしてみた。

今後について

「あと4年間、長くても4年間だと思うので、そこまではやりきりたいなって思ってます。

まだできるスケートをここでやめてしまうのは、自分としてあまり納得できなくなってきて、滑れるのならやっぱり一度しかない人生なので。

スケート人生そこまで長くないじゃないですか。なので、あと3年とか4年のことだったら、自分がやりきるまでやりたいなという風に思いました。」

被災地訪問について

「多くの方に私の演技を見て励まされたっていう言葉をいただいたり、もっと見たいよ、もっとできるよっていう言葉もいただいて、すごくパワーになりましたし、私も頑張ろうっていう気持ちにもなりました。」

練習再開してみて

「すぐに去年のレベルのものをやろうとしてしまって、全くできない状態で、あぁこれが現実かと思ったんですけど。

1年間休養して、気持ちにゆとりができたのかなとは思います。

今までは自分の目標に向かって、毎日やらなきゃやらなきゃっていうのが強すぎて、ちょっと行き詰まってた感じはあったんですけど、今年は練習しててもそういう苦しい行き詰まる感じはないんです。

やってみなきゃ分からないので何とも言えないんですけど、毎日やるべきことをしっかりやって、試合でやるべきことをしっかり出して、試合ひとつひとつを大切に滑っていけたらと思ってるんです。」

以前は、次のオリンピックは考えてないと言っていたが、あと3,4年も続けてくれるつもりでいるとは。なんという朗報!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加