山本草太インタビュー、ネイサン・チェンにライバル意識!

8月29日のGOLDEN SKATEのインタビュー記事「山本草太、世界ジュニアタイトルを狙う」を読んだ。

アメリカのネイサン・チェンを意識しているようで、チェンがシニアの国内(アメリカ)大会で、フリーで2本のクワド、後半にトリプルアクセルを降りたことに触れ、「今季初戦であのような演技ができるということは、今シーズンの彼がとても強いことを示しています。」と話した。

今週末からスタートするJGPアメリカ大会で、早くも山本とチェンは対戦することになるが、そのことについては、「彼と対戦することによって、自分のスケートの問題点がたくさん明らかになると思うし、たくさんの経験を積むことができます。だから、これはとてもいいこと。彼と対戦するためには、いいえ、「彼に勝つには」と言うべきですね、僕はクワドとトリプルアクセルを完璧に降りる必要があり、それに挑戦したいです。」と前向きなコメントをした。

ライバル意識を持ちつつ、チェンのことを尊敬しているのも分かるし、何より、山本の清々しいくらいの「勝ちたい」「強くなりたい」思いが伝わってきた。

JGPアメリカ大会男子SPは、日本時間9月4日早朝スタート。
顔もちょっと似ている?山本草太とネイサンチェン、2人のトップ争いに注目だ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加