尾形春水のフィギュアスケートの実力を考察してみる

今回に限り、スケオタというよりもむしろハロオタ(ハロープロジェクトオタ)寄りの話題を書きたいと思う。

尾形春水のフィギュアスケートの実力について

アイドルに興味がない人からすれば、まず「誰それ?」と思うだろう。
尾形春水はモーニング娘。の12期メンバー。

ちなみに、マツコ・デラックスは12期の中で尾形推しらしい。

CNauzD9UkAAvoDY
出典:モーニング娘。’15マネージャーtwitter

尾形が、自己紹介でよく「フィギュアスケートが特技」だとか「フィギュアスケートをずっとやってました」と言っているので、ハロオタの間では一体どのくらいの実力なのだろうと時折話題になっている。

ちなみに私はスケオタかつハロオタなのだが、尾形春水という名前は、モーニング娘。12期お披露目で初めて聞いた。

尾形の今までのフィギュア関連の発言をまとめると以下のようになる。

「高橋大輔さんと一緒に練習していた。」
「宮原知子ちゃんと友達。」
「全日本のフラワーガールに選ばれてやった。」
「特技はダブルアクセル。」

また、大阪スケート倶楽部に所属し、関大で練習していたようで、関大でコーチをしている澤田亜紀が、尾形がモーニング娘。入りをしたことを喜ぶツイートをしていた。

以前、ヤンタン(明石家さんまのラジオ)に尾形が出演した際、フィギュアで強化選手に選ばれたと聞いたさんまは、「そこまでいって勿体無い」「俺がレッスン料とか出したるから」などと発言。

いやいやそこまでレベル高くないだろうと思ったので、過去の競技結果を調べてみた(さんまはノリで言ったのだろうけど)。

2013年の近畿フィギュアジュニア女子SPで、41位30.23点だった模様。
私はアンチではないが、正直これは習い事レベルだと思う。

強化選手と言うのは、連盟のではなく、おそらく大阪府の強化選手だろう。

スポンサーリンク

フォローする