マキシム・コフトゥンの体型がすごいことになっている件

マキシム・コフトゥンが体重を絞り込んで筋肉ムキムキになっている。

本人のツイッターによると、走り幅跳び・レッグプレス・ベンチプレスのトレーニングを2ヵ月半積み、体重を78キロから69.50キロまで8.5kg落としたそうだ。

8キロ以上のダイエットって痩せ過ぎじゃないかと思ったが、身長176センチで78キロってことは元々結構体重あったのか。

全く太っているイメージがなかったので意外だ。

ジャンプするには体重は軽いほうがいいし、トレーニングで体力もついたと思うので、スケートにもいい変化が表れることを期待したい。

足首の怪我をしているという情報も入ってきていて、心配だが。