ジョニー・ウィアー、浅田真央は「特別なスケーター」

ジョニー・ウィアーの日経新聞の記事を読んだ。

記事は、ウィアーがタラ・リピンスキーとやっているフィギュア解説についてだった。

この2人。ちなみに、リピンスキーは私がスケオタになったきっかけのスケーター。


以下、記事より引用。

演技がすばらしいとき、感動で胸がいっぱいになったとき、2人はほとんど話さなくなる。ソチ五輪の浅田真央のフリーの時も。 「泣いてしまって。マオの復帰は楽しみ。彼女は特別なスケーターだから。」(日経)

このソチのときの放送を見たが、確かに2人とも演技中は無言で、演技後もウィアーは話を振られるまで黙っていた。

そして、「これは・・・すごい。」「今夜この後何が起こっても関係ない、この演技は何年も忘れない。」と話したのだ。

選手たちへの愛もありつつ、思ったことをそのままハッキリ言うスタイルの解説で人気のタラ&ジョニー。

日本のフィギュア解説は当たり障りのないものが多いので、2人の解説を放送してくれた方が面白いかもしれない。

本人は「日本じゃ絶対言えない」解説だと言っているが、それは日本のスケオタが熱狂的だから言えないのか、それとも、日本は真面目な国民性だからということだろうか。